輸入代行業者を使うことで中国関連のビジネスの成功率もアップ

ビジネス上の握手

中国の商品を楽々輸入できる代行業者とは一体何?

小売業を営んでいる方で中国製品が欲しいと考える方は、中国製品を輸入し買い付けと仕入れをすると思います。それには中国語語学力、海外店舗関連知識、輸送保険専門知識、貿易知識、破損時の対応などの知識が必要です。聞いただけでも嫌になるほど難しいですね。そこで今回は、輸入代行業者を紹介します。
中国はじめ海外製品の購入をためらう大きい要因は「関税などの貿易関連の手続きが難しそう」という理由だと思います。事実、貿易知識を得るには膨大な勉強時間を要します。しかし輸入代行業者に依頼すると、この商品の購入にはどういう手続きが必要なのかを適切に教えてくれます。そのため、何も考えず購入し法律関連のトラブルになった、なんてことはありません。
海外製品の買い付けと仕入れをためらう一番の理由は「言葉の壁」でしょう。買いたい商品を扱っている店が中国語しか話せなかったりする場合は困りもの。中国語に精通しているわけでなければ意思疎通もままなりません。しかし中国輸入代行業者は中国語に精通している人がほとんどのため、中国語を習っていなくとも中国の店のかたと意思疎通を図れます。
他にも「サイズ違いなどのトラブルの時にサポートしてくれる」「関税や消費税を足してどのくらいの値段になるかが分かる」など魅力的な点がありますが、きっと中国輸入代行業者を利用しようという気になってくれたと思います。

中国製品買い付けのパートナー!輸入代行業者の選び方を紹介!

中国製品を買い付けと仕入れしようと考えた場合、中国輸入代行業者を利用する方が手続きや現地の方と意思疎通を代わってくれるので、強い味方になってくれるはずです。専門業者に丸投げする要素も多いため、業者選びはきちんと行わなければいけません。今回は、中国輸入代行業者を利用しようとした時に業者の選び方を紹介します。
まずレスポンスの速さです。発送スピードが早ければ売り上げにも直結するので、出来れば早い方が良いですよね。これは、利用する前に質問をした時の返答のスピードである程度分かります。返答がなかなか来なければスタッフが少なく、返答が適当なら対応も適当と捉える事ができます。予め分からないことを質問し、その質問のスピードや誠実さで判断しましょう。
また、有料の検品体制が整っているかどうかも重要です。中国の製品はとても安価で仕入れやすいです。だからこそ、不良品があるかどうか検品してもらうのは大事です。せっかく安く製品を輸入代行で輸入したところで、不良品が多ければ台無しです。なので、予め業者に検品体制について質問しておきましょう。
買い付けと仕入れは人同士のやり取りのため、少なからずトラブルは付き物。トラブルシューティングや返品対応などしっかりしてくれるかどうかも調べましょう。

初めての中国からの輸入は代行業者に依頼しよう

これから小売業の仕事を起業したいけど、語学力もないし、資金も少ないから諦めるしかないとお考えの方、少しお待ちください。思ったより簡単にできる方法があります。それは輸入代行業者を使うことです。
専門業者の買い付けと仕入れは中国が主となっています。中国は安く仕入れることができ、大量生産も可能なので低コストで始められるからです。
そして何より輸入代行業者を利用するメリットは商品のリサーチから通販会社への納品まで全て行ってくれるということです。そのため、自分達で在庫の保管場所を確保する必要もお客様に発送する手続きも必要ありません。それにより配送コストも抑えることができます。
しかも商品の値下げ交渉などもお願いでき、コストの面では起業資金が少ない方にはもってこいです。
もちろん、中国語が話せなくても大丈夫です。すべて日本語で対応していただけるので、語学力に心配のある方でも全く問題ありません。
他にも現地のメーカーと契約を結びたい方やノウハウを一から学びたい方にもおすすめです。
初めて輸入して商売をしようとしている方は、買い付けと仕入れから発送まで全てを担ってくれる中国輸入代行業者を利用しよう、そして知識を身につけることから始めましょう。


個人利用も可能!中国での輸入代行を頼むならBANRIをご利用ください。OEM生産代行も行っており、全ての会員様にご利用頂けます。また、FBA倉庫にも直送できるのでお家に荷物がたまることもございません。